粗大ごみと燃やせないごみの見分け方

各自治体でごみの出し方についての取り決めがありますが、時にはごみの見分けで迷うこともあるはずです。物によっては粗大ごみと燃やせないごみのどちらに出すべきか困ることもあるでしょう。

見分け方のポイントとしては対象物の大きさが挙げられます。基本的には指定袋に入る物は燃やせないごみとして出し、入らない物は粗大ごみ扱いになることが多いです。

しかしながら自治体によって細かい指定が設けられていることがありますので注意が必要です。指定袋にきちんと入れば燃やせないごみとして出せるとするところがある一方、30cm以上の物や長辺が50cm以上、縦横の合計が1m以上なら粗大ごみに出すというような指定をしているところもあります。

ただ、大きい物なら何でも粗大ごみとして出せるわけでもないのです。中には回収ができない物も存在しますので、該当する場合は適切な処理方法を考える必要があります。

粗大ごみでも回収ができない物としては、家電リサイクル法の対象になっている物です。テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機が該当するのですが、これらはリサイクルとして用いることが法律によって定められています。そして処分するためには、購入や買い替えをする電気店に依頼するほか、市区町村への相談や指定場所に自ら持って行くといったことが必要です。

パソコンも粗大ごみや燃やせないごみでは出すことはできない品目のひとつです。資源有効利用促進法によってメーカーによる回収及びリサイクルが義務付けられていますので、メーカー窓口で相談をするか、あるいは売って処分することになります。なお、プリンターやキーボードなどは対象外ですから、粗大ごみか燃やせないごみのいずれかで処分できます。

その他にも、バッテリーやタイヤ、灯油、ガソリン、事業系の廃棄物なども粗大ごみ及び燃やせないごみでは出すことはできません。対象をよく確認の上で判断することが大切です。
×
マニフェスト・各種証明証発行します ゴミ回収から家屋の解体まで一括オーダー可能
上へ