粗大ごみか普通ごみかを分けるサイズについて

粗大ごみと普通ごみの違いはどのように判断したらよいのかを説明します。
ごみを区別するときは、大まかに三種類に分けることができます。資源ごみと粗大ごみと普通ごみです。

資源ごみは、缶やペットボトル・金属・古紙などの再利用できるごみのことを指します。いわゆるリサイクルの材料です。

粗大ごみとは、一般的に大きさが30儖幣紊里瓦澆里海箸鮓世い泙后N磴箸靴討蓮家具や電化製品などの耐久消費財です。ただし、パソコンなどは資源ごみとして出すこともあります。また、家具などは解体することによって30cmよりも小さくなれば普通ごみとして捨てることができることがあります。勉強机やソファーのような大きなものは解体してもさほど小さくならないので、粗大ごみとして捨てることになります。解体するのであれば、椅子のような比較的小さな家具になります。

普通ごみとは、行政によって違いはありますが普段捨てるほとんどのものは普通ごみになります。つまり、資源ごみや粗大ごみに明らかに当てはまらないゴミです。生ごみや燃えるゴミ・燃えないゴミ・草木・衣類などを同じごみ袋で回収している地区もあります。粗大ごみも同様ですが、行政によって違いがあるのははっきりしています。ごみを捨てる際にどの種類のごみとして捨てればいいのかに迷ってしまったら、最も正確で手っ取り早いのは行政のごみ区分のチラシなどを見て、受付に電話で聞いてみることです。そこで自分は何を捨てたいのか、大きさはどれくらいのものなのかを説明すると、どのようにすればいいのか教えてくれますので迷ったら聞いてみると早いです。

ただし、最初に自分で判断するときの基準としては解体して30cmよりも明らかに小さくなりそうかを判断し、できるのであれば解体して普通ごみとして捨ててもいいです。ただし、行政では解体しても粗大ごみとして捨ててくださいとなっていることがあるので、家具は基本粗大ごみで出してください。
×
マニフェスト・各種証明証発行します ゴミ回収から家屋の解体まで一括オーダー可能
上へ