オフィス家具の粗大ごみ!処分方法!

買い換えや移転に伴い不要になったオフィス家具は、いくつかの処分方法があります。
一般的には、所在地の市区町村の条例に従い処分する方法です。
しかし公的な方法で処分をすると、コストが高くなったり手間がかかったりすることがあります。
コストや手間を抑えながらオフィス家具を処分するなら、粗大ごみ回収業者です。

不要になったオフィス家具をそのまま処分すると、産業廃棄物として手続きをしなければいけません。
しかし粗大ごみ回収業者を利用して処分すれば、産業廃棄物の手続きをする必要はありません。
これだけでも負担はかなり減りますが、粗大ごみ回収業者を利用すればさらに負担は減ります。
粗大ごみ回収業者に依頼すれば、オフィスまで不要になった家具を引き取りに来てくれます。
指定の場所まで持ち運ぶ必要はなく、店舗に持ち込む必要もありません。
連絡をすれば即日で対応してくれる業者もあるので、急いで処分したいときにも便利です。

オフィス家具はリサイクル品として価値が高く、綺麗な状態を維持していれば中古品として再販売されます。
中古品として販売できない場合は、スチール製のロッカーやデスクなら再資源化することが可能です。
このようにオフィス家具はリサイクルできる品物なので、粗大ごみ回収業者の多くは無料で引き取ってくれます。
なかには価値の高い品物は買取をしてくれる業者もあるので、処理のコストも大幅に削減することができるでしょう。
手続きを省いて手間とコストも抑えられる、粗大ごみ回収業者を利用すれば効率的に処分することができます。

しかし粗大ごみ回収業者はいくつもあるので、慎重に選ばなければ手間やコストが増える恐れがあります。
オフィス家具の処分で利用するときには、必ず複数の粗大ごみ回収業者から見積もりをとって料金を比較したり、きちんと処分する業者か見極めてから決めましょう。

優良な業者に依頼をすれば、効率的かつ安全にオフィス家具を処分できます。
×
マニフェスト・各種証明証発行します ゴミ回収から家屋の解体まで一括オーダー可能
上へ