オーナーや管理会社からの遺品整理依頼

マンションを所有しているオーナーや、賃貸物件の管理会社から、遺品整理をしてほしいという依頼が年々、増えています。
その理由として、賃貸物件を借りて住んでいた人が、家族がいない天涯孤独の身であったり、親戚やご近所付き合いがほとんどないということが増えているからです。高齢になって孤独死をしたり、年齢が若くても病気などで突然死を迎えることがあります。

そんな時、身元がはっきりしていても、その人の家族や親戚などが判明しないことがあります。
家族や親戚の居場所がわかっても、普段から連絡を取り合っていない場合は、遺骨や遺品など受け入れたくないと考える人が少なくありません。

しかし、人が亡くなったまま、部屋を放置していても、次の入居者に賃貸に出すことができませんから、マンションを所有するオーナーや賃貸物件の管理会社が遺品の処分をしなければなりません。ただ人間が一人暮らしていた部屋というのは、想像以上に物が多いため、それを綺麗に何もなかったように片付けることは大変な手間がかかります。最近では遺品整理をしなければならない物件が増加傾向にありますから、何件も遺品整理をオーナーや管理会社が行うというのは無理な状況に来ています。

そこで役立つのが、遺品整理を専門に行っている業者に依頼をすることです。これまでに遺品整理を行ってきた実績を持っているので、大事な書類などを逃さずに発見することができ、必要ないと判断したものに関しては遺品整理を行っている会社が提携を結んでいるお寺などで供養をしてもらうことができます。供養をしてから廃品処理を行うので、安心だといえます。遺品整理をした後は、部屋を綺麗にクリーニングして引き渡しをしてくれますから、次の入居者に何の問題もなく貸せる状態になります。これからは高齢化社会がさらに進むことがすでにわかっていますし、親戚や近所付き合いが希薄になっていますから、遺品整理の依頼はさらに増えることが予想できます。
×
マニフェスト・各種証明証発行します ゴミ回収から家屋の解体まで一括オーダー可能
上へ