親族からの遺品整理依頼

 人が亡くなった時には身内が遺品を整理する必要がありますが、配偶者は既に亡くなっており子供もいないという場合も少なくありません。日本では年々未婚率が上昇しており、高齢になってからも一人暮らしを続けている人も増えています。そういったケースでは、親族などが専門業者に遺品整理を依頼することが多いようです。親族が遠方に住んでいるような場合もありますし、何から整理すればいいのか分からないから専門の業者に依頼するという場合もあります。

 親族からの遺品整理の依頼内容には、貴重品といらない物を仕分けすることや不用品の処分などがあります。また部屋を綺麗に掃除することも依頼内容に含まれる場合がほとんどです。遺品整理をしていると、どうしても使わなくなった家具や家電など大きな物がゴミとして出てきてしまいます。日用品や雑貨などをとってみても、数が多い場合には自分で処分するのはとても大変です。粗大ゴミの回収は自治体によって様々ですが、回収日は決められていますし回収するゴミの個数にも上限が設けられている場合がほとんどです。遺品整理のサービスを利用すれば処分するものは全て引き取ってもらえるので、自分で面倒な処理をする必要がありません。
 
 それから遺品整理サービスを利用するのには、作業があっという間に済んでしまうというメリットもあります。遺品整理に慣れている人はほとんどいないので、自分でやろうと思うと労力や時間がかかってしまいます。部屋を掃除するだけでも1日では終わらないこともあります。専門業者であれば遺品整理に慣れているので、スピーディーに作業を行うことができます。

親族同士で遺品整理を行う場合には、整理方法や処分する物をめぐってトラブルになるケースも意外と多くあります。いらないと思って捨てたけれど、実際は価値のあるものだったというようなこともあります。親族同士の都合が良い日に合わせて日程を調整するのもなかなか大変です。
×
マニフェスト・各種証明証発行します ゴミ回収から家屋の解体まで一括オーダー可能
上へ