遺品整理や不用品の処分に困ったら

家具や家電などの大きな荷物を含む不用品を処分する機会はあまり多くありません。

しかし、同じ家に住む家族が亡くなった場合や新居に引っ越す際はその数少ない機会に該当します。

家族が亡くなることや新居への引っ越しは多くの人が経験することであり、そのときは故人の遺品を整理したり新居には持って行かない不要品を処分する必要があるのです。


とはいえ、遺品整理は故人が使っていたものや故人の思い出が詰まっている品などがあるため簡単に行えるものではなく、不用品の処分についても組み立て式家具の分解が難しかったり粗大ゴミ回収の日程が合わないということがあるため手に余ることが多いのです。

そんなときは遺品整理や不用品の処分を行っている業者に依頼することを検討してみましょう。

遺品整理や不用品処分の業者はスタッフが自宅を訪れ故人が残した遺品や新居に持ち込まない不用品の整理や処分を行ってくれます。

遺品整理の場合は故人が使っていたものであるため実用性がないものでも家族にとっては処分がしづらいことがありますが、業者に依頼すればそういった感情に左右されずに事務的に処理してくれます。

人形や手作りのものなどそのまま処分することに抵抗があるという遺品については業者に依頼することでお寺でのお焚き上げを行ってもらうことも可能なのです。不用品処分の場合は業者がそのまま回収してくれるので事前に家具を分解しておいたり分別しておく必要はありません。


業者による整理や処分というと依頼した部屋にあるものすべてが対象になると考えられがちですがそんなことはありません。残しておきたいものがあればその品については手を付けずにそのままにしておいてもらえます。

スタッフが作業をするときに立ち会って指示を出すか、作業日の前日までに自ら残しておきたい遺品などを別の部屋に片付けておけば残しておきたいものまで回収されてしまったというトラブルがなくなります。


遺品整理や不用品の処分に困ったときは、業者に依頼することが得策なのです。


×
マニフェスト・各種証明証発行します ゴミ回収から家屋の解体まで一括オーダー可能
上へ