自分で遺品整理をする際に気をつけたいこと

家族や親戚など身内が亡くなった際に行わなければならないことが遺品整理です。


近年では家族に代わって遺品整理を行ってくれる遺品整理業者が非常に増えていて、遠方で整理ができない、仕事が忙しいなどの理由で需要も伸びています。しかし中には遺品整理は自分たちの力で行いたいという強い思いから、家族みんなで行う人もいるでしょう。しかし早く遺品を整理しなければならないとわかっていたとしても、仕事が忙しかったり家庭の事情によってなかなかスムーズにいかないこともあるでしょう。このようなときに何もわからないまま始めてしまえば、中途半端に終わってしまったり、終わるまでにかなりの期間を要することになります。そのため遺品整理を自分で行う際に気をつける点や手順などをしっかりと頭に入れておくことで、スムーズに進めることができるでしょう。



まずは自分たちで遺品整理を始める前に、親戚への通知をしっかりと行っておきましょう。遺品の中にはアクセサリー類や貴重品などの、価値のあるものも存在するはずです。価値があるものは基本的には遺産となるので、遺族で形見分けを行う必要があります。その際のトラブルを防ぐためにも、遺品整理を行う日時や住宅の場所などをしっかりと伝えておく必要があるでしょう。



遺品整理を行う方法としては、まず最初に片づけ始める場所を決めていきましょう。家の中が整頓されていない場合には玄関や窓、ベランダまでの道を確保するようにします。こうすることでごみや家具などの排出が楽になるでしょう。そして要らないものと残すものに分けていきましょう。

トラブルを起こさないためにはしっかりと整理の計画を立てておく必要があります。いつまでに終わらせるのか、どこから整理していくのかなど具体的で無理のないスケジュールを立てることが大切です。もしもどうしてもスケジュール通りにいかないときには、業者に依頼することも手段の一つとなるでしょう。


×
マニフェスト・各種証明証発行します ゴミ回収から家屋の解体まで一括オーダー可能
上へ