遺品整理の心構え

遺品整理の心構えは大きく3つに分けられます。


1つは『落ち着いて行動する事』


もう1つは『事前の準備や確認』


最後の1つは『業者選び』です。


まず落ち着いて行動する事についてですが、これは基本中の基本と言えます。例えば遺品整理しなくてはならない住宅で暮らしている場合、時間をかけて片付けて構いません。賃貸住宅だったら立ち退き期限があるので急がなくてはなりませんが、整理する品々は1人では対応できないほど数多いです。その反面のメリットとしてコストが業者に依頼するよりも軽い事が挙げられます。しかし故人との別れによって混乱した頭では例え立ち退き期限がない住宅でも業者に依頼してしまう方が大勢いるものです。そのためまずは落ち着いて冷静さを取り戻す事をおすすめします。


次に事前の準備や確認についてです。

特に遺品整理に関する確認はたくさんあります。先述しているように住宅に立ち退き期限があるかどうかを始め、片付けに参加できる人数や片付けのスケジュール、整理をする住宅の地域のゴミの仕分け方など1つ1つが大切です。それに業者に依頼したとしてもある程度片付けをした方がコストの軽減になります。


そして最後の業者選びですが、ポイントは業者の態度です。

片付けに関する説明をしっかりし、依頼側の話に耳を傾けて対応してくれる業者であれば問題ありません。特に料金に関して事前に決められる業者は素晴らしいです。遺品整理の業者のなかには追加料金を要求したり依頼側の質問に対応しなかったり等雑な態度をとる業者もいます。もしも業者に依頼するとしても遺品整理の際によくあると言われる「残したくなった」という気持ちの切り替えから片付ける物品の数の減少についてどう対応してくれるかどうか質問し、その返答によって見極めてもよいかもしれません。


業者は個人や家族といった特殊なコミュニティによるグループの片付けとは違い、専門的な技術を持つプロですがデメリットもあるので要注意です。


×
マニフェスト・各種証明証発行します ゴミ回収から家屋の解体まで一括オーダー可能
上へ