親族がいない場合の遺品整理

親族がいない人は自分の財産を管理してくれる後見人を用意することが多いです。しかし後見人は契約者が死亡した時点で財産の管理という役割を終えてしまうので遺品整理まで任せることはできません。そこで親族がいない人は死後事務委任契約という別の契約を結ぶ必要があります。このサービスを利用しておけば本人が亡くなった後の住宅に残った物を全て片付けて清潔な状態にしてくれるので安全です。不用品回収業者では遺品の量が多すぎるので専門に扱っている業者を探します。


死後事務委任契約はや司法書士や行政書士に相談し何を委ねるか決定します。その後住民票や戸籍謄本など必要書類を用意して公的な手続きを終えます。遺品整理の相場は5万円程度ですが葬儀や死亡届の提出など様々なことを契約するのが一般的で予算は50万円くらいです。この金額は司法書士や行政書士に与える報酬なので遺品整理業者に対しても別途料金がかかります。都市部では遺品整理を行う業者が増えているので地方よりも数万円安い傾向があります。ただしエレベーターが無ければ運搬に時間と人手がかかるので費用が高くなるなど費用は簡単には抑えられません。親族がいないと誰にも看取られることなく自宅で一人亡くなられることも少なくありません。孤独死してからしばらく発見されなければ部屋の中には腐敗臭が充満します。強烈な臭いは住宅の価値を損ねるので特に病気を患っていなくても早めに契約しておくのが良いです。生前に良い業者と契約するのが最も求められますが悪質な業者も存在します。悪質な業者は遺品整理をごみ捨てと混同して考えているので本人の意思をあまり重要視していません。とにかく物を捨てれば良いという考え方を持っています。


遺品整理は亡くなった方の大切な物を片付ける行為であり「命」を尊重できる業者が行うものなので、事前に話し合ってみて軽視しているような言動が見られた時は契約を考え直すことも大事です。


×
マニフェスト・各種証明証発行します ゴミ回収から家屋の解体まで一括オーダー可能
上へ