遺品整理作業の平均時間

遺品整理は業者に依頼するという人も多いですが、その際に気になるのが作業に必要となる時間かと思います。



もちろんどの程度の遺品があるのかや、部屋の大きさによる違いもあるので、必ずしもどの程度と言い切ることはできません。しかし平均時間としてはワンルームならば二時間から三時間程度で完了するケースが多いです。2LDK以上になると、その分当然時間も長くかかり、平均で六時間から八時間が必要となっています。ただこちらも、間取りや建物の大きさ、そして戸建てかマンションやアパートかによる違いが大きく影響してきますので、あくまでも目安としてください。



遺品の整理といっても、ただ遺品の分別をするだけではありません。



当日の作業の流れとして、まずは遺品の仕分けをして、その後梱包と搬出があります。そして最後には清掃も行われます。家具はもちろんのこと、ピアノなどの大型のものや特殊な物があれば、その分時間がかかることになり、平均時間よりも長い時間を要します。ゴミが山積になっていたり、一般的な部屋の状態ではない場合にも当然ながら通常より作業の時間がかかります。見積もりの段階で、どの程度作業に時間が必要となるのか、遺品整理の専門業者に相談すると良いでしょう。基本的には遺品の整理から清掃までの一連の作業は一日で完了するようになっています。



しかし例外もあり、それを確認するためにも見積もりでは実際に部屋にきてもらったり、電話で伝える場合には部屋の広さや遺品の量、そして大型の家具や特別なものの有無をきちんと伝える必要があります。清掃話で遺品整理のみのプランならば、時間はさらに短くすることができます。遺品の整理は、家族や親族のみでできると考えてしまいがちですが、家族や親族だけではかなりの時間と労力が必要になるので、プロの遺品整理業者に任せて一日で終わらせてしまった方が無駄な時間と労力を費やす必要がなく、メリットが大きいといえます。


×
マニフェスト・各種証明証発行します ゴミ回収から家屋の解体まで一括オーダー可能
上へ