遺品整理の時期やタイミング

家族が亡くなった後に残った遺品は思い出が詰まっていて整理するタイミングが難しく感じる事が良くあります。遺品整理の時期の目安としては、死亡後の色々な手続きが終わってゆっくり出来る様になってからがオススメです。



電気やガス・水道の名義変更や携帯電話の解約、健康保険証の返却や変更など色々な手続きを終えて遺品に対しての気持ちの整理をしてから片付けるのが良いです。遺品の中には相続税が必要になる物もあり亡くなってから10ヶ月以上たつと重加算税がかかるので相続税が必要な物に関しては早めに遺品整理するのが良い方法です。



遺品整理はタイミングを逃すと何年も部屋が片付かずに放置してしまう人も多く、価値のある商品などでも長年放置すると劣化して傷んでしまうので遺品整理を考えている人ならある程度早めに対策するのが効果的です。遺品整理の専門の業者があるのでどこから遺品に手をつけてよいのかわからない人は相談してみるのがオススメで、丁寧に遺品を扱って貰えるので必要な物とゴミを的確に分けて整理して貰えます。事前にわかりやすい見積もりがあり作業内容の説明を丁寧にしてくれる業者は信頼感が高く、後から高額請求などをされることもないので信頼して依頼出来ます。



遺品整理のタイミングとしては長年遺品を放置するような事がなければ基本的に都合の良い時ならいつでもかまわないですが、目安としては葬儀後や四十九日の後、亡くなって数ヵ月後くらいが落ち着いて遺品整理に集中しやすいです。後でもめないように相続人全員で遺品整理をするのが望ましく捨てようか迷うような物は取りあえず残しておいて後で相談するとトラブルが発生しにくいです。住所や手紙等の情報はすぐに捨てずに後で必要になる事もあるので暫くは大切に保管している方が安心で、手紙や年賀状などがかさばる場合はパソコンなどにデータとして保存しておく方法もあります。自分達で整理するのが大変に感じた時は業者に頼むのも良い考えです。


×
マニフェスト・各種証明証発行します ゴミ回収から家屋の解体まで一括オーダー可能
上へ