遺品整理士とは

人が亡くなるとたくさんのものが残されます。



服などの身に着けるものから、家があれば家具や電化製品と、本当に様々な遺品が残されるのですが、そういった遺品はいずれ片付けていく必要があります。近年では高齢者になって一人で暮らしているという人も珍しくなく、そういった人が亡くなってしまった場合には家を丸々片付ける必要が出てきます。持ち家の場合は時間が多少かかってもゆっくりと片付けていくことができるかもしれませんが、賃貸に住んでいる場合は速やかに荷物を片付けて部屋を引き渡さなければならないという事情もあります



家族などの身内が片付けることができればいいのですが、一人暮らしの高齢者の中には身内が近くにいなかったり、居たとしても仕事などで時間をつくれなかったり、荷物が多すぎて片付けることができないといったケースも考えられます。



リサイクルショップや何でも屋など、遺品を整理するサービスを行っている業者も多く見受けられますが、遺品整理に関しては法整備が整っているとは言えない場合もあり、中には不当に高額の料金を請求されてしまったり不法投棄をするような悪徳の業者も残念ながら存在します



このような状況の中、遺産整理が必要となる場面はこれからますます増えていくことが予想されているのです



そこで登場したのが遺品整理士という資格です。一般社団法人遺品整理士認定協会という民間団体が主体となって行っている民間資格になります。

遺品を買い取ってもらうときに悪徳な業者から遺族を守るといった役割があり、しっかりとした知識のもとに残されている遺品にどのような価値があるのかを判断し遺族にアドバイスをしていくことができる資格です。残された家族とともに遺品を整理しきちんと供養をしていく手助けをするほかに、廃棄する場合やリサイクルとして買取をする場合に必要な知識を持ち不当に安く買取りされたりするのを防ぐという活動もしています。

円滑に遺産整理をすることができるようにサポートしてくれるのが遺産整理士です


×
マニフェスト・各種証明証発行します ゴミ回収から家屋の解体まで一括オーダー可能
上へ