亡くなった人が生前住んでいた家や部屋の中には

亡くなった人が生前住んでいた家や部屋の中には、形見として残しておきたいものや、まだ使えそうなもの、大きな家具や家電、処分してもよいものなどが残っています。


賃貸物件に住んでいた場合には特に、すぐにでも部屋を明け渡さなければ、明け渡すまでの家賃がかかることになります。また遺品をいつまでもそのままにしておくわけにはいかないので、遺品整理を行うことになります。 残しておくもののうち、現金や銀行などの通帳、印鑑や株式証券、骨董品や美術品などの貴重品類は、遺族のうちの誰かが管理をしたり、相続をすることになるでしょう。



写真やアルバムなどの、捨てることができない思い出の品々は、手元に残しておいたり、遺品供養をすることもできます。しかし亡くなった人が一人暮らしだった場合には、大きな家具や家電などが不要になるケースも多く見られます。


これらを遺族が自分たちで処分することは大変な作業です。このような場合には遺品整理を業者に依頼することになるでしょう。


遺品整理をする場合には、自分たちに行うケースと、業者に依頼するケースがあります。それぞれにメリットとデメリットが存在するので、自分たちに合った方を選ぶと良いでしょう。自分たちで行う場合には、亡くなった人の遺品を自分たちの手で仕分けることにより、心を整理することができます。



また第三者が入ることはないのでトラブルも少なく、費用もぐっと抑えることができます。しかし気持ちの整理がついていない場合には、思い出の品々に触れることでつらい気持ちがよみがえってしまったり、時間と手間がかかることはデメリットと言えるでしょう。


そんな時こそ、ゴミテルをご活用ください。


反対に業者に依頼する場合には、仕分けから回収まですべてを依頼する、処分する者の回収だけを依頼するなど、依頼したい内容によって業者を選ぶことができます。専門の資格を持つ業者に依頼することで、スムーズにかつ丁寧に片付けを進めてもらえます。



遺品整理士がしっかり在籍し、お見積もりなどしっかりする業者を選定しないと、表示料金以外の想定外の追加料金が発生するなどのトラブルが起こる可能性があることや、高額な費用がかかることはデメリットと言えますので、しっかりとした業者を選定するようにしてください。


ゴミテルでは、現在、「江東区」「江戸川区」「墨田区」「中央区」の地域を主に収集範囲と定めることで、料金面やスムーズな対応が出来るように運営を行っています。


×
マニフェスト・各種証明証発行します ゴミ回収から家屋の解体まで一括オーダー可能
上へ