残置物の撤去、清掃までお任せください

残置物とは、賃貸物件に居住していた者が退去する際に残したままにしてしまった元居住者の私物のことを言います。本来であれば、退去する際に元居住者が引っ越し先の新しい物件に私物は全て持ち出さなければなりませんが、何らかの事情が生じて、そのまま放置されてしまうケースが決して少なくありません。



それらの残置物の所有権は元居住者にあるため、所有権を放棄してもらった後でなければ第三者が片付けることができません。物件のオーナーにとっては頭の痛い問題で、粗大ゴミと化した残置物の清掃を専門業者に依頼することが多いようです


清掃の専門業者は数多く存在しますが、一般的な流れとしては、まずは私たち専門業者へ問い合わせを行い、どの程度の費用がかかるのか見積をします。そしてその費用に納得すれば、作業開始となります。業者によっては、問い合わせ後に即日対応で作業に入る事が出来るところもあり、清掃を依頼する際は様々な業者を比較検討することが大切です。


競合業者の中には違法行為を行っているところもあるのが現状で、市町村から許可を受けずに営業を行っていたり、明確な料金設定が存在せずに法外な費用を要求したりと悪質な業者も存在するため、利用する側は注意が必要です。※本当に悪質な業者もいるのでご注意ください


残置物によってごみ屋敷と化してしまった物件は、オーナーのみならず、近隣の住民にとっても迷惑を被ってしまいます。粗大ゴミから悪臭が放つこともあり、オーナーと近隣住民との間に軋轢が生じてしまう可能性もあります。


 何者かが粗大ゴミにいたずらをする危険性も考えられ、オーナーにとっても近隣住民にとっても、業者による清掃が望まれます。また、近年では孤独死も問題視されており、居住者が亡くなった後の遺品整理を業者へ依頼するケースも多いです。



様々な理由により、業者へ清掃を依頼する件数はどんどん多くなっており、それに比例して業者の数も増えていることから、利用者は質の良い業者を見極めることが重要です。

 私たちゴミテルは、ご依頼を受けてから作業完了まで責任をもって【ゴミ問題解決】を提供します


×
マニフェスト・各種証明証発行します ゴミ回収から家屋の解体まで一括オーダー可能
上へ