遺品整理立ち合いについて

亡くなられた方の遺品の中には、もう使うことのないであろうものもありますし、遺族が思い出として残しておきたいものもあります。しかし、残された遺品を片付けるというのは、とても大変な作業です。そこで業者に頼んで遺品整理をすることがあります。



具体的に遺品整理現場ではどのようなことをするのかというと、故人が使っていた洋服や家電、家具、貴重品などを分類して、廃棄するものと、リサイクル業者に買い取ってもらうもの、どこかの団体に寄付をするもの、遺族に渡すものというように仕分けていきます。



仕分けられた物を確認したらそれが決定になるわけではなく、廃棄する予定のものでもやっぱり残したい思うことがあります。そのようなときにはその旨を伝えて残してもらうように出来ます。



ただ、賃貸物件などでは、もともと物件に備え付けられてい家電や家具がありますし、配線・配管などに触れなければいけないこともあるので、管理会社に連絡をしてから作業をする事が必要です。



遺品整理現場では、すべてが生前と同じ状態であるとは限らず、孤独死であったらば床に体液が染み込んでいたり、部屋の中にあるものに臭いがついてしまったりすることもあります

ですから、そういうときには床板を取り替えたり、オゾン脱臭などが出来る特殊清掃に対応出来る業者に依頼しなければいけません。



また、故人が残したものの中には通帳や債権などの貴重品が含まれているとすれば、それを依頼主に渡さず自分のものとしてしまうことや、価値のある調度品をゴミとして処分してしまう事も考えられます。ですから、業者に依頼するときには、仕事が丁寧であることは当然のこととして、そのように悪質な仕事をしない信頼できる業者を選ぶことが必要です。



なお、片付けの作業をするときんは。遺品整理現場に遺族が立ち会うべきかということですが、最終的にどのような分類をしたのか確認したほうが良いですが、必ずしもたちあわなければいけないわけではありません



それでも、立ち会っていたほうが作業員は遺品をぞんざいに扱うことはなくなりますから、どうするべきかは遺族が判断をするべきです。


×
マニフェスト・各種証明証発行します ゴミ回収から家屋の解体まで一括オーダー可能
上へ