ごみ屋敷の問題は日本全国での広がり

ごみ屋敷の問題は日本全国で広がり、誰でも無関係とは言えないような状況になりました。物に対する未練や欲望が重なり、他人にとってはガラクタにしか見えないものを少しずつ集めると、やがては途方もない量になる例が少なくありません。単純に生活習慣や嗜好の違いだけで理解することも難しいのですが、ごみ屋敷の住人に対しては地道な説得を続けることが行われています



一軒家のごみ屋敷には、庭の部分には粗大ゴミが散乱して、周囲の景観を損なう場合が少なくありません。自分の家で使ったものだけでなく、他の場所から勝手に集めてきた粗大ゴミが置かれる状況になると、一度は清掃したとしても元に戻るのが早くなります



庭の管理が全く行き届かないわけですから、庭木は伸び放題の状態になり、軒下などに生ゴミが大量に蓄積していきます。夏場には異臭が問題になりますし、冬には乾燥した季節風の影響で飛散しやすくなるだけでなく、火災の危険性が増大することになります。特に、スプレーや引火物も多い廃棄物は、簡単に廃棄できないものも多く、一度全ての引火物を分けて処分する必要が有ります





 



 庭に相当な量のゴミがあるということは、内部にはもっと多くの量があることも意味しています。ごみ屋敷の窓を外側から眺めると、ゴミによって埋め尽くされている状況を把握できることもあります。



 ここまでひどくなると、生活空間は完全にゴミで埋め尽くされており、ごみ屋敷で住む人は粗大ゴミや生ゴミに支配されたような状態になってしまいます。





ごみ屋敷が賃貸住宅になっている場合には、大家さんは残置物の処理問題で頭を抱えることになります。ごみ屋敷の住人が他へ転居した場合に発生するわけですが、こうした状況になる前に話し合いで解決することが重要です。一軒家のごみ屋敷でも大量の残置物が残ったままで空き家になる場合があり、行政も困らせる問題になっています



大抵の場合には、ごみ屋敷の住人だけで問題を解決することはできません。身寄りがない人も少なくないため、行政や近隣住民も協力しながら、地道に清掃を進めていくことが基本です。


×
マニフェスト・各種証明証発行します ゴミ回収から家屋の解体まで一括オーダー可能
上へ