ゴミ屋敷とは

ごみ屋敷とは、ごみが放置された、ごみ集積所ではない主に居住用の建物や土地のことを指します。ごみ屋敷には主に二つの種類があり、


一つ目がマンションやアパートタイプ


そして二つ目が戸建てのタイプが挙げられます。


マンションやアパートタイプの場合には、外観や共用部分からほとんどわからないケースがほとんどです。それとは対照的に戸建てタイプの場合には、アパートやマンションタイプよりも周辺の住民たちに気づかれやすく、たくさんの迷惑をかけていることも多く見られます。


ごみ屋敷は、住んでいる人は気づかないかもしれませんが、周辺の住民には迷惑をかけているだけでなく、たくさんの被害リスクを高めています。まずは悪臭被害です。特に夏場には、ごみ屋敷の中にある生ごみが腐敗して、強烈な悪臭を放ちます。



この匂いは長時間吸っていると、病院に行かなければならないほどの悪臭ともいわれています。そして火災被害のリスクです。


 ごみの中にはライターや家庭用のカセットコンロのガスが含まれているケースも多く見られます。このようなものに引火して火事になる可能性も考えられます。



そして可燃ごみが散乱していることで、放火を誘発することにもつながります


そして害虫被害です。生ごみは多くの害虫のえさになり、残置物にたまった雨水は、ボウフラを発生させることにもなります。大量の害虫が発生し、これが近隣住民にまで危害を及ぼします。


これらのごみを片付ける方法は、三つの方法しかありません。


1・まずは自分や家族で少しずつ片づけていく方法です。


しかしこの方法は実現することはほぼ不可能だと言われています。


片付けられないためにごみ屋敷になってしまうので、ほとんどの場合が途中で断念してしまいます。


2・そして行政代執行で強制撤去される方法です。


これは本人に代わって行政機関側が強制的に撤去や排除することです。


3・最後に業者に依頼して片付ける方法です。



近年では便利屋や不用品回収業者などで、ごみ屋敷の片付け業務を担っているところが多く見られます。


ゴミテルに依頼すると、自分では手間のかかる粗大ゴミの撤去から清掃まで、すべてを引き受けすることが可能です。


×
マニフェスト・各種証明証発行します ゴミ回収から家屋の解体まで一括オーダー可能
上へ